学校概要

校長挨拶

  

   
 岡山県立矢掛高等学校のホームページをご覧いただき、
ありがとうございます。
 本校は、岡山県下4番目の県立中学校として、
明治35年に開校され、多くの人材を輩出してきた、
歴史と伝統のある高等学校です。現在、卒業生は2万人
を超え、国内外の様々な分野で活躍しています。

「至誠力行」の校訓のもと、矢掛高校の生徒の皆さんは、「自立し、社会に貢献する」若者としての成長を目指し、恵まれた教育環境の中で、充実した高校生活を送っています。
 矢掛高校の最大の特徴は、何と言っても「生徒一人ひとりを大切にする」ことです。学習相談や進路相談はもちろんのこと、様々な悩みごとの相談に至るまで、教職員が生徒の皆さんにとことんつき合います。そして生徒の皆さん一人ひとりの夢の実現に向けて、誠心誠意サポートします。
 矢掛高校は、教職員と生徒の皆さん、そして生徒の皆さん同士が、良好な人間関係を築き、互いに信頼し、互いに成長できる、アットホームな雰囲気の学校です。そして「地域とともにある学校」として、高い評価を得ています。特に、学校設定教科「やかげ学」は全国的にも注目を集め、生徒の皆さんが、これからの時代に求められる知識を活用し、地域に出て、多様な他者と協力しながら未来を切りひらいていく力を育てる、主体的な学びの柱となっています。
 本校は、平成20年に生徒の皆さんが、社会に貢献できる力を身につけて欲しいとの願いから、岡山県初の「ユネスコスクール」に認定され、ESD(持続可能な開発のための教育)にも積極的に取り組んでいます。
 現在、矢掛高校は、地域の方々から、様々な場面で感動を与えてくれる学校という評価を得ています。本校は3つのコース・科にわかれており、それぞれに特徴的な活動を展開しています。詳しくは学校案内のページをご覧下さい。

   

                       岡山県立矢掛高等学校長   髙 月 秀 人