ESD授業

やかげ学

 町内のスペシャリストの方々をお招きし、町の様子を教えていただく「まち講師」。町内の様々な施設に1年間通い続け、町の仕事を体当たりで学んでいく「やかげ学実習」。それらの体験的な学習の成果をまとめ、みんなの前で発表する「やかげ学発表会」。
 「普通科・総合コース」では、この「やかげ学」を通じて、自分自身の人間力の成長を図るとともに、持続可能な町の在り方をみんなで一緒に考えます。







環境CQ

 主に進路学習を行っていく「総合的な学習の時間」では、自分の生き方を探す際に、自分自身のことだけでなく、自分を取り巻く環境問題や持続可能な社会づくりにも配慮しながら、そういった問題に自分の進路がつながっていくような方向も探してみます。
 通称「環境CQ(キャリア・クエスト)」と呼ばれるこの授業では、特に「普通科・探究コース」の生徒たちを中心に、様々な学生コンテストにも積極的にチャレンジしてみます。そこで出会えた人や出来事によって、自分自身の新たな可能性の扉も開いていきます。

*最近のコンテスト応募作品*
【H27年度】




【H26年度】


【H26年度】


【その他】
第1回 私のまちのたからものコンテスト(H21)
最優秀賞「日本ユネスコ協会連盟賞」受賞
「白石島に受け継がれてきたもの」

第2回 私のまちのたからものコンテスト(H22)
最優秀賞「日本ユネスコ協会連盟賞」受賞
「大名行列」

第3回 私のまちのたからものコンテスト(H23)
「あいおいニッセイ同和損害保険株式会社賞」受賞
「柿干せば 人が集まる 山ノ上」



商品開発

 矢掛町商店街には幾つものお店が並んでいます。
 毎年「地域ビジネス科」では、この地元の商店街を見て歩きながら「商品開発」をしてくださるお店を探し出し、今までにない新しい矢掛町の新名物を創っていく試みを行っています。