Monthly Archive: 1月 2016

1月
18

大学入試センター試験

1月16日17日大学入試センター試験が無事終了しました。今年は、会場が岡山県立大学のみでした。天候にも恵まれ、全員無事に受験終了しました。

今日は、これから自己採点です。

本年度の大学入試センター試験について、河合塾は次のように分析しています。

 
2016年度 大学入試センター試験 総合コメント

1.志願者、受験者数
今回の大学入試センター試験は、1月16日・17日の両日に、全国693の会場で実施された。参加大学・短大数は昨年より1大学増加し、850校(昨年849校)と過去最多となった。大学入試センター試験志願者数は563,768人(昨年559,132人)で、昨年に比べ4,636人(前年比100.8%)増加した。内訳をみると、現役生志願者数が昨年の455,392人から462,335人と6,943人増加した。一方、既卒生志願者数が昨年の98,728人から96,454人と2,274人減少し、対照的な動向となっている。既卒生の減少は2015年度入試で大学入学率が上昇した影響であろう。新規高校卒業見込者(現高3生)は1,065,287人と前年から約5,300人減少(前年比99.5%)。それにもかかわらず増加したのは、センター試験の現役志願率(センター試験志願者数/高校卒業見込者数)が上昇したことによる。
センター試験の現役志願率は、2015年度から0.9%上昇して43.4%となった。これにより、過去最高値を更新した。現役志願率はセンター試験導入以降上昇が続いており、2009年度に4割を超えて以降は41.0~42.0%台で推移してきたが、2016年度は一気に43%半ばまで上昇した。
本試験の受験者数は、外国語ベースで530,636人(昨年524,211人)となり、志願者に対する受験率は94.1%(昨年93.8%)であった。
英語のリスニング試験では、一部の受験生がICプレーヤーの不具合を申し出るなどのケースがあり、120会場で253人が再開テストを受験した。その他、天候による交通機関の乱れなどの大きなトラブルはなかった。
科目間で20点以上の平均点差が生じ、これが試験問題の難易差に基づくものと認められる場合に実施される得点調整は、今回実施される可能性が低いと思われる。
2.変更点
今年より経過措置がなくなり、すべての科目が新学習指導要領に基づいた出題となった。(ただし、「工業数理基礎」は2016年度に限り、経過措置として旧課程履修者用に出題された。)それ以外は、昨年と比べて大きな変更点はない。
3.出題内容
文部科学省は、2015年12月22日の「高大接続システム改革会議」において、2020年度より導入される予定の大学入学希望者学力評価テスト(仮称)の数学と国語の一部で問題例を公表した。記述式を含む新たなテストに変わる予定で、思考力や判断力を重視した内容となる見通しであるが、今回の学習指導要領でも重視されている“基本的な知識を活用し思考力を測ろうとする”出題は、今年の試験でも一部の教科・科目でみられた。
また、新課程導入2年目となる数学、理科では、新傾向の出題がみられた。例えば、数学I・Aでは、n進法、条件付き確率が扱われた。物理では、通常の波長を用いて立式する干渉条件が、薄膜内を往復するのに要する時間で問われた。化学では、単位格子の断面図を選ぶ目新しい問題が出題された。

各教科・科目の特徴は、以下の通りである。
【英語(筆記)】
第5問では、昨年問題文としてメール文が出題されたが、本試験としては新傾向の物語文に変わった。また、第6問は昨年までの難しい単語やイディオムの意味ではなく、本文中の語句の文脈的意味を問う問題に変わった。総語数は約4,300語程度で昨年から100語以上減った。全体として、実践的なコミュニケーション能力を問うという新課程の方向に沿った出題であった。
【英語(リスニング)】
設問総数と読み上げ文の総語数に変化はないが、問題冊子の質問・選択肢の総語数は170語程度増え、また出題形式が大きく変わり、第4問Bは長めの英文で3人の討論を聞く形式となった。音声を聞き取る技能だけでなく、思考力・判断力がより求められる出題であった。
【数 学】
「数学I・A」:必答問題が昨年の3題から2題に変わり、2題とも独立した3つの問題で構成された。全体として基本事項の確認から状況把握と思考力を問う問題まで幅広く出題された。データの分析は昨年の追試験と同様、実データが題材となった。昨年見られなかったテーマは、1次関数、n進法、条件付き確率であった。

「数学II・B」:大問構成は昨年と同じであった。第1問のグラフの位置関係や、第2問の二つのグラフで囲まれた図形の面積の計算など基本的なものから、第3問の群数列など応用力や思考力を要するものまで幅広く出題された。
【国 語】
第1問で昨年同様、受験生にとって身近な話題を論じた現代的な評論が出題された。第2問は、昨年は現代の小説であったが、今年は1950年代に発表された小説が出題された。第3問(古文)では、平安時代後期の説話集『今昔物語集』からの取り組みやすい出題であった。また、1997年度本試験の国語Iと同じ出典であった。第4問(漢文)では、語の意味、返り点のつけ方と書き下し文、解釈、内容説明、筆者の考え方の説明など、基礎知識を踏まえた設問が中心であった。
【理 科】
「物理基礎」:大問3題構成で、設問数、形式ともに昨年と同様であった。エネルギーを中心として、教科書からまんべんなく出題された。昨年小問集合で出題された原子についての知識問題は出題されなかった。

「物理」:昨年と同様、小問集合、電磁気、波動、力学の4題が必答で、熱と原子の2題から1題を選択する形式であった。受験生が苦手とする定性的な問題が減少し、典型問題が多かった。第3問B薄膜の干渉の問い方が目新しかった。

「化学基礎」:化学基礎の全範囲から偏りなく出題された。複数の思考過程を要する実験考察問題、計算問題などが一部見られた。昨年出題された化学と人間生活の設問はなかった。

「化学」:大問は必答が5題、合成高分子化合物と天然有機化合物からの選択が1題であった。化学の全範囲に加えて、化学基礎の問題も含まれていた。単位格子の断面図を選ぶ目新しい問題や選択肢の数が多い問題が出題された。

「生物基礎」:生物と遺伝子、生物の体内環境の維持、生物の多様性と生態系の3分野から一題ずつ出題された。計算問題が1題、昨年出題されなかった考察問題が2題、残りは知識問題であった。昨年同様に正確な知識を要求する問題が多かった。

「生物」:教科書の各分野から幅広いテーマで出題されており、大問7題中2題が選択問題であった。総選択肢数、詳細な知識を問う問題、紛らわしい選択肢が減り、考察もしやすかったと思われる。

「地学基礎」:教科書の各分野からバランスよく出題された。選択肢数が減少し、すべて4択になったことに加えて、正誤の判断に戸惑う選択肢や計算問題が減少した。

「地学」:大問構成が昨年から変化し、大問6題のうち4題が必答で、第5問と第6問は履修進度を考慮した選択問題であった。知識問題に加え、考察・読図・計算問題がバランスよく出題された。
【地理歴史】
「世界史B」:従来までの出題傾向に変化はなかった。第二次世界大戦後など近現代史の出題の割合も大きく変わらなかったが、文化史の設問は増加した。新課程で強調されている日本史との関連は、問題文のリード文では触れられているものの、今年は出題されなかった。

「日本史B」:文化史料や図版などを多く使い、歴史的考察を促そうとしているが、史料に対する批判的見方や歴史解釈の多様性をうたう新課程らしさは、あまり見られなかった。第1問で6年間連続して出されていた会話文形式が消え、大学生の日記からの引用といった新形式となった。

「地理B」:自然環境と自然災害、工業、都市・村落、ヨーロッパ地誌に加え、新課程の教科書でも取り上げられている二国間の比較地誌も出題された。例年通り図表を使った問題が多く出題され、判断に細かい知識を要する問題も見られた。
【公 民】
「現代社会」:基本的知識重視の傾向に変化はないが、より正確な知識が問われた。燃料電池、ES細胞、青色発光ダイオードなど時事問題が出題された。条件文付きの図表問題が復活した。

「倫理」:全般的には例年通り、基本的な思想の理解力や文章読解力を問う問題構成となった。出題傾向に大きな変化はないが、統計資料問題や本文読解問題では出題形式の変更があった。記紀神話に関する細かな知識が必要となる設問もあった。

「政治・経済」:過去に出題されたことのある知識が繰り返し問われている。国家戦略特区、六次産業化、メディア・スクラムといった比較的新しい事項や、政党政治の変遷に関する細かい知識を要する設問が出題された。

「倫理、政治・経済」:全設問が「倫理」「政治・経済」単独科目からの流用となった。倫理分野、政治・経済分野ともに、概ね教科書の範囲内の知識で対応できる設問と、論理的判断力や読解力を必要とする設問で構成されていた。
4.平均点について
5教科7科目(900点満点)総合での平均点は、理系で559点、文系で539点と予想される。

2016.01.17 河合塾

 

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=17811

1月
15

いざ出陣!

  現在、3年生が大学入試センター試験会場の下見に出発しています。

 がんばれ受験生!!

 IMG_9987_320  IMG_9988_320

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=17807

1月
15

矢掛中学校学校運営協議会

昨日は私の前任校矢掛中学校の学校運営協議会でした。矢掛中学校は、平成24年1月1日付でコミュニティ・スクールとして矢掛町教育委員会から指定を受けました。
コミュニティ・スクールとなることで、教職員と保護者、地域住民が今まで以上に連携して学校運営を行い「地域に根ざした学校」として、地域の活性化につながる学校づくりを目指していきます。その結果として、次のような効果を期待していました。
1 今まで以上に、保護者や地域と連携した地域の独自色を生かした学校経営が実現します。
2 多くの人が学校経営に関わることにより、生徒に対する刺激が増えます。
3 教職員・保護者・地域がそれぞれの役割を分担して学校を運営することにより、地域の活性化につながります。
4 「地域に支援され 地域を支援する学校」として矢掛町内における学校の位置取りや役割が明確になります。
5 地域と連携することで、「魅力ある学校づくり」が一層推進できます。
6 校長が異動しても経営方針は継続されます。

コミュニティ・スクールは、保護者や地域住民により構成され、学校の基本方針作りや教職員採用などの学校経営に、一定の権限と責任を持って関与する新しいタイプの公立学校です。中高連携の方策の一つとして、矢掛高校の校長が学校運営協議会の委員となっています。
学校と保護者や地域の皆さんがともに知恵を出し合い、一緒に協働しながら子どもたちの豊かな成長を支えていく「地域とともにある学校づくり」を進める仕組みです。コミュニティ・スクールには保護者や地域住民などから構成される学校運営協議会が設けられ、学校運営の基本方針を承認したり、教育活動などについて意見を述べたりといった取組がおこなわれます。これらの活動を通じて、保護者や地域の皆さんの意見を学校運営に反映させることができます。

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=17796

1月
14

センター入試激励会

とうとうこの日を迎えました。明後日は大学入試センター試験です。天候は寒いようですが、晴れるようです。
幸いなことに、今年は受験会場が岡山県立大学一つになりました。センター入試は団体戦です。チーム矢掛としてみんなで高め合いながら、最高の結果を手に入れなさい。自分自信を信じなさい。そして仲間を信じなさい。これまでの努力をぶつけなさい。そして平常心の中にも緊張感を持って試験に臨みなさい。
昨日サッカー男子のオリンピックアジア予選では、日本が開始直後に取った1点を全員で守りきりました。最後の最後まで粘る。諦めない。そういう強い気持ちを持って受験に挑みなさい。
想定外のことが起こるかもしれません。そんなときこそ、慌てず冷静に考えて最善の対応をみつけなさい。1回深呼吸するだけで見えなかったものが見えるようになることもあるのです。

太宰治の一節を読み、激励の挨拶とします。

歩ける。行こう。肉体の疲労恢復と共に、わずかながら希望が生れた。義務遂行の希望である。わが身を殺して、名誉を守る希望である。斜陽は赤い光を、樹々の葉に投じ、葉も枝も燃えるばかりに輝いている。日没までには、まだ間がある。私を、待っている人があるのだ。少しも疑わず、静かに期待してくれている人があるのだ。私は、信じられている。私の命なぞは、問題ではない。死んでお詫び、などと気のいい事は言って居られぬ。私は、信頼に報いなければならぬ。いまはただその一事だ。走れ! メロス。

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=17790

1月
13

「やあ!いかさ」へ行こう 観光ツアー活動報告書

「やあ!いかさ」へ行こう 観光ツアー活動報告書が、手元に届きました。付け加えることはなにもありません。

 

この報告書には、私たちの想いがたくさん入っています。

私たちはこの報告書を読んでもらうことによって、このツアーに協力して下さった方々への恩返しが少しでもできればよいと思っています。また実際にツアーが実施されるまでの道のりも多くの方に知ってもらい、これから先、同じように地域おこしの活動やイベントが行われる際には、その参考になればよいと思っています。私たちの取り組みが、少しでも「やあ!いかさ」の地域の元気になっていけばよいと思っています。

岡山県立矢掛高等学校 3年 岡本 美紀 & 笠本 彩加

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=17786

1月
12

滴一滴

1月12日山陽新聞朝刊コラム「滴一滴」で「やかげ学」を取り上げていただきました。

中山間部における地域学の在り方の一つとして「やかげ学」が注目されています。地域に積極的に進出することで、地域が活性化するとともに高校生自身もキャリアを身につけ、自らの進路実現に資する。そのような「Win-Winの関係」を構築していくことが、地域を支える人材を育てるために大切です。「地域を支え 地域に支えられる学校」として今後も様々な取組を続けて参ります。御支援御協力のほどよろしくお願いします。

デジタル版もご覧ください。

 

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=17776

1月
08

平成27年度第三学期始業式式辞

平成27年度第三学期始業式式辞

新年おめでとう。穏やかなお正月でした。あなた自身はどうでしたか。新年に際しての目標は定まりましたか。3年生は、卒業後の歩みについて、2年生は 最高学年に向けての準備の時期です。3年生への準備をしましょう。1年生は もう一度、4月以降に学んだことを振り返りながら1年間のまとめをし、2年生に向けてやらねばならないことを確実に行いましょう。3学期の学習時間は多くはありません。常に目標を意識することが大切であり、不可欠です。

 

厳しい寒さの中での学習や部活動となります。しっかりとした体調管理をしましょう。発熱、かぜ、けが等は避けたいものです。体調管理を自分で徹底するのは基本です。
競泳日本代表の平井伯昌(ひらいのりまさ)監督がジュニア期に伸びる選手の特徴についてコメントしています。平井さんによると、ジュニア期に伸びる選手の特徴は、「精神面が安定していること」です。精神面が安定すると、「コーチの指導に真剣になれる」「苦しい練習にも土壇場で逃げない」「練習より本番に強い」という特徴があるということです。学業もしっかりさせることで、勉強とスポーツの両面で「与えられた環境で頑張ることが大切」という考えを徹底してきたそうです。さらに「強いと言われても有頂天になることがなく、レベルの高い争いがその後の伸びにも繋がる」と感じておられます。

 

「平常心」という言葉がこのような精神状態を象徴しているのでしょう。現状に満足せず、高い志望をもち、それに向けて地道な精進を積み重ねることが大切です。
それぞれの学年を締めくくる充実した3学期となることを願って式辞とします。

寒くても一人元気!

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=17773

1月
07

矢掛町テレビCM

「矢掛町テレビCM放送スタート」との連絡が入りました。テレビせとうち(7ch)で放送開始しています。

「わたしの住むまち矢掛の魅力をもっともっと知ってもらおう!」という趣旨です。機会があれば見てください。

こちらから、見ることができます。

 

出演者は、「町職員」。矢掛高校卒業生も出演しています。

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=17765

1月
06

今年最初のYKG会議

第9回 YKG60会議が1月5日(火)矢掛高校FORESTで開催されました。

今年最初のYKG会議は、山ノ上の雲の上カフェの振り返りと、ゴミについて考える会議でした。

 

YKG60が矢掛町の『環境教育リーダー』になることが承認されました。

・メンバー、一人ひとりが、環境のことを自分のこととしてちゃんと意識し、自分ごとにする。
・正しい情報を収集し、学ぶ。
・矢掛町の同じ年代の子どもたちや、大人へ、自分達の意識をベースに、町内の他の学校や団体の活動と連携しながら、YKGらしい活動をする。

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=17758

1月
05

年頭に当たって

皆様には、心穏やかなよい年をお迎えのこととおよろこび申し上げます。

昨年は、本校に関わってくださった皆様には温かいご理解とご支援を賜わり、ありがたく厚く感謝申し上げます。

矢掛高校は、【地域を支え 地域に支えられる高校】でありたいと考えています。校歌に歌われる小田川のせせらぎ。小田川流域こそが本校の「地域」です。豊かな小田川の中流にある矢掛の地は、小田川流域を後背地として栄えてきたのです。

平成18年に改正された教育基本法には「学校、家庭及び地域住民等の相互の連携協力」の規定が新設されています。「地域を支え 地域に支えられる学校」こそが、これを具現化するものだといえるでしょう。過疎化・少子化が進む中山間部では、高校生は戦力です。地域に積極的に進出することで、地域が活性化するとともに高校生自身もキャリアを身につけ、自らの進路実現に資する。そのような「Win-Winの関係」を構築していくことが、地域を支える人材を育てるために最重要であると考えます。

中国地方は、中山間地域の居住人口が全体の二割強を占めますが、人口減少を理由に各種施設が集約されてサービス水準が低下すれば、一層の人口流出が進みかねません。特に中山間地域にとって欠かせないインフラストラクチャーは、交通・医療・教育であると考えています。学校の持続発展が地域の持続発展を担保するのです。そのためにも、地域に信頼され、期待される開かれた学校づくりを一層進めていかなければならないと考えいてます。

本年も御支援御協力のほどよろしくお願いいたします。
皆様にとりまして素晴らしい一年でありますよう願っております。


これまでの矢掛高校と地域の連携について掲載してみました。すべてPDFです。

人口減少社会における後期中等教育 未来教育研究所から助成を頂いた論文です。

矢掛高校を中心とした地域ぐるみESD 環境自治体白書 中口事務局長の取材記事です。

おかやま子ども応援事業報告書2015 こども応援事業に取り組んでいます。

 

地域創生プログラム ppt 商業科主任会で発表したものです。

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=17736

古い記事へ «

» 新しい記事へ