«

»

7月
27

普通救命講習

7月26日(水)14時から高妻記念館2階において、普通救命講習を実施しました。

「大切な人の命を守るために」心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)の使い方など正しい応急手当の知識・技術を身につけ、いざという時に慌てずに適切な応急処置ができるように。

当日は、井原地区消防組合消防本部矢掛支部の職員、関係者の6名が指導に当たられ、本校の職員、生徒の40人が受講しました。

まず、DVD視聴により、救命技能の大切さを学んだあと、男女別の6グループに別れ、心肺蘇生法の手順説明、人形を使っての人工呼吸、心臓マッサージの実技訓練、AED使用手順の説明、人形・AEDトレーニングキットを使った実技訓練が行われました。このAEDトレーニングキットは電気が流れないだけで、操作の方法や音声ガイドは本物のAEDと同じものです。

今後も、すべての職員・生徒が救命技能の習得ができるよう、また、救命技能の維持向上のため、定期的な普通救命講習の受講をしていきたいと思います。

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=20190