«

»

9月
17

50日を切りました

「ESDに関するユネスコ世界会議」が目前に迫ってきました。9月15日でちょうどあと50日。カウントダウン体制です。

 

 

「ESDに関するユネスコ世界会議」に向けた下村文部科学大臣メッセージです。

本年11月に愛知県名古屋市と岡山市で開催する「ESDに関するユネスコ世界会議」が、いよいよ目前に迫ってまいりました。
本世界会議は、195のユネスコ加盟国から閣僚級をはじめとする約2,000人の参加が見込まれる、我が国で開催される過去最大規模のユネスコの会議であり、文部科学省としても、ESDオフィシャルサポーターの皆さん、開催自治体及び関係省庁等の協力を頂きながら、会議の成功に向けた準備を加速しているところです。
ESDは、地球規模の課題を自分のこととして捉え、その解決に向けて自分で考え行動を起こす力を身に付けるための非常に重要な教育です。2020年には、夏季オリンピック・パラリンピック競技大会が日本で開催されますが、この2020年を大きな節目として世界規模で活動し、地球規模で物事を考える日本に進化するためにも、文部科学省としても、引き続き国内外でESDの実践・普及を進めていく所存です。
世界会議開催まであと70日です。文部科学省としましても、会議の成功に向けて日本国内の気運を更に高めてまいりたいと思います。皆様も、この機会に是非地球規模の課題の解決のために自分で何ができるかを考え実践していただくとともに、ESDの更なる普及に向け、より一層の御協力をお願いいたします。

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=13055