Monthly Archive: 6月 2014

6月
30

6月29日岡山大空襲

1945年6月29日、岡山市街地は午前2時43分から午前4時7分までの1時間24分にわたって、アメリカ軍による大規模な空襲を受けました。ティニアン島を飛び立ったB29は、138機。約883トンの焼夷弾が投下され、市街地の約63%が焦土と化し、1,737人以上の犠牲者が出ました。

岡山シティミュージアムでは毎年岡山戦災の記録と写真展を開催しており、今年も下の日程で開催されます。

第37回 岡山戦災の記録と写真展 戦争の中の岡山市民の備え」開催

開催期間:6月19日(木)から7月6日(日)まで
開催場所:岡山シティミュージアム4階展示室

岡山市内には今でも当時の空襲の跡が見られます。

岡山市webページ「市内に残る戦災の遺跡

岡山城の天守閣は慶長2年(1597年)に竣工、その外観から烏城または金烏城とも呼ばれ、戦災前は国宝に指定されていました。
昭和20年(1945年)6月29日未明の岡山大空襲により市街地は焼け野原となり、天守閣は焼失、天守台の石垣も焼けて赤く変色してしまいました。
その後、天守閣は再建され、石垣も一部が修復されたものの、今も焼けて変色したままであり、空襲の激しさを伝えています。

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=11779

6月
27

備中矢掛宿における和算の発展

矢掛町江良の貴布禰神社に、興味深い算額があります。

(矢掛町教育委員会)

算額とは、江戸時代の日本で、額や絵馬に数学の問題や解法を記して、神社や仏閣に奉納したものです。数学の問題が解けたことを神仏に感謝し、ますます勉学に励むことを祈念して奉納されました。

やがて、人びとの集まる神社仏閣を数学の問題の発表の場として、難問や、問題だけを書いて解答を付けずに奉納するものも現れてきました。

「私は、こんな難しい問題が解けた。他に解ける人はいるかい?」という自慢話・自己PRとなってきたのです。当然それを見て解答や、さらに難しい関連問題を再び算額にして奉納するようになったのです。

江戸時代後期、貴布禰神社に奉納された算額は、矢掛町の重要文化財となっています。

2問出されています。「球に内接する複数個の球」と「円に内接する複数の円」です。円の問題は次のような問題です。

答えの「五箇平方商加三箇以除外円径」ってわかりますか。

三平方の定理を使って解いてみました。

佐伯文具店 佐伯健次郎氏が所有する史料を元に研究しています。

このような素材をもとに、7月25日のオープンスクールで中学生対象の公開授業をします。

 

参考文献:岡山の算額 編集者:山川芳一

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=11767

6月
26

自転車マナーロード

矢掛中学校から、矢掛高校までの道路を「自転車マナーロード」に指定し、自転車の交通マナーの向上と交通ルールの徹底を指導しようという取組が始まります。6月25日には、登校時に町民課・教育委員会・補導協議会・井原警察署矢掛幹部派出所・矢掛中学校及び矢掛高校で自転車通行指導の社会実験を実施しました。
多くの生徒がきちんと通行できています。またきちんとあいさつもできます。

 

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=11758

6月
25

「流学日記」岩本 悠

「流学日記」岩本 悠

息子が大学卒業時の荷物、段ボール箱に入れたままでしたが、片付けようとしていたら、一冊の文庫本が目に止まりました。「流学日記」岩本悠。現在島根県立隠岐島前高校のコーディネーターをされています。本校でも、彼の手法を取り入れようと学校視察に行くなどの研修を行っています。平成24年度には、矢掛町と共同でやかげ文化センターにお迎えし講演会も実施しています。

20歳のときに東京学芸大学を休学し、1年間世界を流学しています。そのときに書いた文章が出版され、幻冬舎から文庫本になっています。

その中に心に残る文章がありました。
---以下引用---

CかSか

ラオス・ルアンプラバン。

子どもたちと相撲をとって遊んでいると、通りかかったおじさんに声をかけられる。どうも近くの学校で先生をやっている人らしく、話し込んでいるうちに、その人のクラスで英語を教えることになった。僕の英語はかなりひどかったが、その先生の英語もそれに負けず劣らずさらにひどかったからだろう。

初日、ドキドキしながら教室に入ると子どもたちの視線がいっせいに集まる。
みんな、初めて見る外国人の先生に緊張しながらも目を輝かせている。簡単な自己紹介の後、さっそく教科書を開く、そして、
「Repeat after me.」
お~、自分の発した一言に自分で感動してしまった。
俺もついに他人様にモノを教える立場になったのか…それもよそ様の国で。
「I play soccer in the park.」
「I PLAY SOCCER IN THE PARK.」
お~、元気な声が返ってくる。再び感動である。
机の間を見回るときなど、背筋がピンと伸びている自分。とても教師らしい姿に酔う。
質問の手が上がった。指差す。自転車を英語でなんというかという質問だ。それきた、とばかりに黒板に向かう。「B」と書いて手が止まる。次はIだったかYだったか…その次はC、いやSだっけ…。
黒板に向かったまま動けなくなった。IかYかEかCか。アルファベットが頭をめぐる。血が昇る。黒板と向き合ったままの時間が重く長い。苦し紛れに振り返り、笑ってごまかしながらバッグの中の辞書に手を伸ばす。バッグを探る僕をいぶかしげに見つめる子どもたちの眼差しが痛い。そして辞書を繰りながらふと思う。

何でおれは単語を調べることをこんなに恥ずかしがってんだろう。
「先生」という肩書きをちょっともらっただけで、急に偉い賢者にでもなった気になっていた自分。学ぶ楽しさや自ら探究する至誠を教えていくのが教師のはずなのに、その先生が知らないことを恥じね調べることをためらっていて、どうして学ぶ喜びが子どもたちに伝わるんだ。
「学ぶ姿勢」は口で教えられるモノじゃない。その姿勢を見せることで子どもたちが学び取っていくモノだ。
そう思うとふっきれ、子どもたちの前で堂々と辞書を繰ってやった。bicycleのつづりを見つけたときには思わずニカーと笑みがもれてしまう。
基本英単語一つに感動する英語の先生がいたっていいじゃないか。
先生は偉くなくていい。答えを知らなくていい。答えを教えるのではなく答えは自分で探すものだと教えればいいのだから。

教師の姿勢を教えてくれたbicycleのつづりを僕は一生忘れない。

--引用ここまで--

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=11704

6月
24

岡山県囲碁選手権大会入賞

6月22日(日)、第38会岡山県囲碁選手権大会で、本校の2年の 谷 開斗 さんが、4位入賞を果たしました。

 

私も副会長として、閉会式で表彰をしましたので、自校の生徒に表彰状とトロフィーを渡すことができ、大変うれしかったです。

閉会式後「次はもっと上位をめざします。」という力強い言葉。期待しています。

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=11740

6月
23

平成26年度第1回学校評議員会

6月20日平成26年度第1回学校評議員会および学校関係者評価委員会を開催しました。

  1. 学校経営計画書について (校 長)
  2. 具体的な学校経営目標・計画について (教務課・生徒課・進路課)
  3. 授業改革について
  4. 平成27年度教科書選定について
  5. 学校評価について

学校計画書についてのプレゼンテーションです。

「学力向上への組織的取組を継続できる学校」について、小山委員から、「組織は設立した時点から形骸化が始まる、継続させるためには不断の努力が必要である」との指摘を頂きました。継続させるためにはPDCAサイクルの確立が不可欠です。肝に銘じました。

楢崎委員からは、町との連携、コミュニティスクールについてのご意見を頂きました。

石井委員からは、地域貢献活動についての賞賛のご意見を頂きました。

本年度から新たに学校評議員を委嘱しました繁森委員からは、民間企業経営者の視点から学校経営について適切なご助言を頂きました。

ありがとうございました。

 

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=11673

6月
22

県吹奏楽祭に出演しました

1年生にとっては最初の大舞台、3年生にとってはラストの花道をかざる行事に出演してきました。

候補3  候補5

場所は倉敷市民会館。トップバッターをかざりました。

2年生はこのあとすぐ期末考査。しかし、そのあとは楽しみな修学旅行!

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=11860

6月
20

授業研究 国語科

6月19日7校時、国語科授業研究を行いました。題材は「苔の衣」。古典です。「文法(特に識別)・重要単語に留意して、本文を正確に口語訳する」ことを目標にしています。

 

 

 

この授業研究には、県立玉島高校から尾崎指導教諭を助言者としてお迎えしました。

 

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=11690

6月
19

パンフレット完成

先生方の努力で、矢掛高校生徒募集パンフレットが完成しました。
早速各中学校で配布です。

【クリックすると全ページ見ることができます。】

今年のキャッチコピーは「伸びる私 伸ばしたい私が そこにいる。」です。いかがでしょう。

あわせて、新しいロゴマークもできました。


「次の100年を目指して Aiming for the next 100 years」
持続発展を継続しつつ、矢掛高校は新しい100年をめざしていきます。

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=11664

6月
18

国際化する矢掛高校~

IMG_7590何語を話しているかこの二人。わかりますか。

矢掛高校にも国際化の嵐が。

アンニョンハセヨ~

Permanent link to this article: http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/wordpress/?p=11747

古い記事へ «